専門学校では現場に強い保育士が育成されます

subpage1

保育士になるためには厚生労働省が認める養成施設を卒業するのが一般的です。養成施設には大学や短大という道と、専門学校の道があります。
ちなみに、保育士試験に合格するという別ルートがありますが、科目数が8つと多く、しかも難易度も高いことから少数派となっています。

では、大学や短大と専門学校の違いについて確認しておきましょう。まず、大学や短大の場合は幼稚園教諭を取得することができるメリットがあります。
最近では、幼稚園と保育園が一体となった施設も増えているため、就職に有利に働くケースもあると言われています。

しかし、専門学校においても短期大学の通信教育を導入しているところが増えています。

したがって、この制度を活用することで弱点をカバーすることができます。一方、専門学校の強みはどこかと言いますと、実習や実技を重視したカリキュラム構成にあります。例えば、実際に授業を教える教員は保育士としての実務経験を持っていますから、現場での経験に基づいた授業が展開されます。また、保育施設での実習も積極的に行う学校が多く、即戦力として活躍できるノウハウを身を持って学ぶことができるメリットがあります。保育施設を併設している学校を選ぶと、より生きた学びができるでしょう。

保育士の専門学校の特徴をご紹介するサイトです。

このように、専門学校では「現場」を意識した学びが展開され、これが理論を中心に学ぶ大学や短大との大きな違いです。

YOMIURI ONLINEに関する情報を提供中です。

保育士になりたいという目標が明確な方におすすめの進路選択となります。

白浜ツアーサイトを見つけることができました。

資格について思うこと

subpage2

今、少子化といわれていますが、現状は保育園に入れなくて待機児童になっている子供が沢山います。産休明けに預けようとしてもなかなか希望通りに保育園に入れない方がいます。...

next

資格の特徴紹介

subpage3

保育士資格をとるためには、大学・短大・専門学校を卒業しているか(通信教育でも大丈夫です)、あるいは保育士試験に合格するか、どちらかの方法があります。しかし、試験の受験資格が短大以上のため、高卒や中卒の人は試験を受けられないことになっています。...

next

1から学ぶ資格

subpage4

保育士を目指していて、通う専門学校を探すとき、どの学校が自分に合うのか分からず途方に暮れている方も多いのではないでしょうか。一律に「ここに通えば良い」とは言い切れず、学びたい分野や希望する道によって通うべき学校は異なるのが難しいところ。...

next

資格について情報

subpage5

保育士への最短コースは、2年制の専門学校を出ることです。しかし、どこの学科でも良いというわけではなく、保育学科を出ている必要があります。...

next